ホルヘ・ヒメネス/バッハ再考 Vol.2 ~無伴奏チェロ組曲のヴァイオリン編曲版(1866)

ホルヘ・ヒメネス, CD(輸入盤)

商品説明/ITEM DETAIL

詳細


J.S. バッハ:無伴奏チェロ組曲 BWV1007-1012(2CD)
フェルディナンド・ダヴィッド編曲によるヴァイオリン独奏版(1866 年ライプツィヒ)
[CD1]
第1 番 ト長調 BWV1007(ニ長調で演奏)
第2 番 ニ短調 BWV1008(イ短調で演奏)
第3 番 ハ長調 BWV1009(ト長調で演奏)
[CD2]
第4 番 変ホ長調 BWV1010(変ロ長調で演奏)
第5 番 ハ短調 BWV1011(ト短調で演奏)
第6 番 ニ長調 BWV1012
ホルヘ・ヒメネス(ヴァイオリン;1680年フランチェスコ・ルッジェーリ製)
録音:2023年1月15日-19日/マドリッド、ロブレド・デ・チャベラ、VNスタジオ

★カタルーニャのチェリスト、パブロ・カザルスが積極的に全曲を取り上げたことで世の中に広く普及したバッハの無伴奏チェロ組曲。同じカタルーニャ出身であるヴァイオリニスト、ホルヘ・ヒメネスも、このチェリストの偉大さにおおきな敬意を表しています。
★とは言っても、カザルス以前にこの作品がまったく顧みられなかったわけではありません。19 世紀のライプツィヒではメンデルスゾーンが『マタイ受難曲』を蘇演(1841年)してバッハ・リヴァイヴァルの機運が高まり、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲(1844年)の初演者でもあるフェルディナンド・ダヴィッドが無伴奏チェロ組曲をヴァイオリン用に編曲(1866 年)しています。当時としては珍しく演奏上の指示がたくさん書き込まれた楽譜で、ロマン派時代におけるバッハ受用のありかたを示す重要な資料でもあります。調性は楽器の調弦に合わせて自然に弾けるように、第5番までが完全5度上に移されています。
★ヒメネスはこの編曲版を、1850 年製オリジナルのロマン派の弓と、ガット弦を張ったヴァイオリンを用いて、当時のゲヴァントハウスのオーケストラで使われていたピッチ(A=447Hz)を採用して演奏。19世紀に響いたであろうバッハが鮮やかによみがえります。
★ヒメネスの「バッハ再考」シリーズ、第1弾は彼自身の編曲によるヴァイオリン版ゴルトベルク変奏曲(PC-10434)。こちらも要注目です。

キングインターナショナル

追加情報

アーティスト名:
ホルヘ・ヒメネス
メーカー:
(株)キングインターナショナル
レーベル:
PAN CLASSICS
code:
7619990104501
発売日:
2023/07/06
メディア:
CD(輸入盤)